サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

財テク・節約

2015年に申し込んだふるさと納税4

※選択基準:
①食べ物(ハズレ無しのもの)
か、
食べ物(普段は買わないけど贈られると嬉しいもの)

②クレジットカード支払可能なもの

③市場価格に換算して、できるだけ還元率の高いもの
例えば1万円寄附 →5千円相当の牛肉なら、還元率50%。


※ふるさと納税を申し込む金額
概算が出せるサイトで、自分の源泉徴収表の金額を入れてみて、
実質の負担額が2000円で収まる、上限を確認。
念のため、その金額の半額~8割ぐらいにとどめておく。
(よくわかんないけど「医療費控除」とかにひっかかってくると、損する金額になるような気がするから)
あとその年に、家(不動産)の売買をしそうな場合は、住宅ローン減税にも関係してきそうだから、よく理解できるまで、その年はふるさと納税をしないつもり。



千葉県夷隅郡大多喜町
A1 養老牛バーベキューセット


佐賀県伊万里市
伊万里牛カタ肉薄切り 700g




佐賀県東松浦郡玄海町
上場亭 玄海町産特選佐賀牛 500~600g


北海道音更町
白とうもろこし おとふけ「ホワイトショコラ」セット【A15】


静岡県藤枝市
[№5652-0001]ななや プレミアム抹茶ジェラート Aセット


証券会社のFXの特典が着ました。


FX外為ジャパン




などで、口座開設後、一定の条件の取引を行うと、
キャッシュバックがあるという特典があったのですが、
ドキドキしながら、その条件をクリアして、
しばらく待っていいたところ、
ついに、楽天市場に一万ポイントがついていました。

a

いやいや、なかなかお得なキャンペーンでした。

ただし。
当時のドルのレートは、103円。
今は、108円前後。

なので、すぐにポジションを決裁せずに、持ち続けて入れば、
5万円程度儲かったかも、と思うと、悔しいところでもあります。


あと3社ぐらい、キャンペーンに登録しましたので、数か月後にポイントがつく予定。

  ↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

ふるさと納税(ジンギスカン)が届く。


厚真町A-1.ジンギスカンセット
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01581

厚真町
http://www.town.atsuma.lg.jp/%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E5%8E%9A%E7%9C%9F%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E5%AF%84%E9%99%84%E9%87%91/%E7%89%B9%E7%94%A3%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7/

 家族でおいしく頂きました。
 自分の知らない土地の、名産品やよく食べられているものを
送ってもらえるのは、本当に嬉しいですね。
 自分の出身地への、文字通りのふるさと納税も良いですが、
こういう仕組みで遠方の土地のことを知るのも、
双方にとって良い仕組みだなと思いました。
 

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

車の維持費(ガソリン代)4


最近は便利になりましてね、
クレジットカードや銀行の利用明細が、かなりさかのぼって確認できるんです。

CSVでダウンロードすれば、集計もできますし、
そもそも家計簿ソフトがありますし。

それで、過去1年の、我が家の車の維持費のうち、ガソリン代だけ調べてみました。
12ヶ月で、合計、99542円でした。約10万円ですね。

ということは、ガソリンのレートが平均、リッターあたり 150円として、年間、約650リッター。
軽自動車ですが、ほとんど町乗りなので、燃費がリッターあたり15Kmぐらいだとして、年間約1万キロ。
だいたい、車のメーターで計算した距離と、同じぐらいです。

これに、他の維持費(修理代、メンテナンス代、税金)と、買った時からの減価償却を計算したら、
だいたい、毎年の車の維持費がわかりますね。

車を手放すと、大きな節約効果があるというのはほぼ常識ですが、
それも、どれだけ必要かによりますね。
我が家では、代替手段(全て電車、全てレンタカー、全てタクシー)などと比べると、
納得のいく維持費であると思いました。

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



サラリーマンこそふるさと納税。我が家の履歴。


関連記事はこちら。
    山口県美祢市からふるさと納税のお礼が届く。
    厚真町からふるさと納税の証明書が届く。


現在、申し込んでいるのは以下の3自治体。


 
 


私も「ふるさと納税」を使ってみるまでは、誤解していたのですが、
1自治体につき、2000円程度の負担が必要」かと思っていましたが、
寄付金控除ができる範囲内で寄付をしても、2000円分しか負担しなくていい」という点。

つまり、(年収によりますが)
1万円の寄付×3回 で、 
1年間に3万円の寄付をしても、
その年の負担額は2000円で良い、というパターンがあり得るのですね。

これはオトクですね。使わないとソンです。

特に、自治体が「地場産業のPRを兼ねて

どの自治体に「ふるさと納税」するか、選ぶのに参考にさせてもらっているのは、



私の場合、「クレジットカードで寄付できるか」を、結構重要な選択肢にしています。
なんといっても、手続きが楽ちんです。

肝心の確定申告は、年を明けて書きたいと思います。
サラリーマンの医療費控除(確定申告)、いつやるの?
 

  ↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブ ログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ


[スポンサーリンク]

検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード