サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

株式相場

ネオ東京銘柄

去年の11月ごろでしょうか。
「日経ヴェリタス」に、東京オリンピックを含む、
「ネオ東京銘柄」の一覧が掲載されまして。

それを、メモっておいたので、
今現在、どうなってるか確認。

うおーーー もし買っておけば、ほとんどプラスじゃないかーーー!
と、大変くやしい思いをした私でした。

なかには二倍以上株価が上がったものもありますね。

私は「翻訳センター」だけ注目して持ち続けておりました。

意外なのは、道路の耐震技術の関連が、まだあがってきていないことですね。
これだけ地震の報道がたびたびあるのに。

 
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1812 町づくり 鹿島 492 616 +25%
1925 町づくり 大和ハウス工業(株) 2,083.50 3,087.50 +48%
8801 町づくり 三井不動産(株) 3,507.50 3,528.50 +1%
8802 町づくり 三菱地所(株) 2,795.50 2,755 -1%
8830 町づくり 住友不動産(株) 4,094.50 4,349 +6%
9020 町づくり 東日本旅客鉄道(株) 8,645 12,250 +42%
9024 町づくり (株)西武ホールディングス 2,132 2,841 +33%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1815 駅鉄道 鉄建 478 338 -29%
1835 駅鉄道 東鉄工業(株) 2,503 2,438 -3%
1950 駅鉄道 日本電設工業(株) 1,548 2,216 +43%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1861 リニア (株)熊谷組 400 350 -13%
5715 リニア 古河機械金属(株) 214 242 +13%
9022 リニア 東海旅客鉄道(株) 16,505 21,720 +32%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1885 海洋土木 東亜建設工業(株) 202 210 +4%
1893 海洋土木 五洋建設(株) 357 508 +42%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1721 電線地中化 コムシスホールディングス(株) 1,961 1,881 -4%
1942 電線地中化 (株)関電工 582 813 +40%
1944 電線地中化 (株)きんでん 1,135 1,654 +46%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1871 道路耐震 (株)ピーエス三菱 478 408 -15%
5911 道路耐震 (株)横河ブリッジホールディングス 1,402 1,143 -18%
6282 道路耐震 オイレス工業(株) 2,159 2,009 -7%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1973 防災 NECネッツエスアイ(株) 2,401 2,598 +8%
6755 防災 (株)富士通ゼネラル 1,388 1,761 +27%
6756 防災 (株)日立国際電気 1,645 1,673 +2%
6809 防災 TOA(株) 1,114 1,328 +19%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
6418 カジノ 日本金銭機械(株) 1,705 1,622 -5%
6457 カジノ グローリー(株) 2,841 3,610 +27%
6460 カジノ セガサミーホールディングス(株) 1,738 1,549 -11%
9006 カジノ 京浜急行電鉄(株) 919 1,021 +11%
9766 カジノ コナミ(株) 2,202 2,588 +18%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
2331 治安保全 ALSOK 2,576 5,510 +114%
9735 治安保全 セコム(株) 6,751 8,358 +24%
9740 治安保全 CSP 1,169 1,580 +35%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
3086 外国人観光客 J.フロント リテイリング(株) 1,459 2,333 +60%
3099 外国人観光客 (株)三越伊勢丹ホールディングス 1,495 2,259 +51%
4664 外国人観光客 RSC 256 762 +198%
9706 外国人観光客 日本空港ビルデング(株) 4,320 6,600 +53%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
2483 外国人向け (株)翻訳センター 3,195 4,725 +48%
6096 外国人向け (株)レアジョブ 2,012 2,800 +39%
8876 外国人向け (株)リロ・ホールディング 7,790 13,320 +71%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
6501 スパコン (株)日立製作所 859.1 804.4 -6%
6702 スパコン 富士通(株) 664.4 650.6 -2%
6701 スパコン NEC 386 396 +3%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
5900 自転車 (株)ダイケン 547 763 +39%
3333 自転車 (株)あさひ 1,236 1,485 +20%
7309 自転車 (株)シマノ 14,660 17,210 +17%
7847 自転車 (株)グラファイトデザイン 655 657 +0%
8132 自転車 シナネン(株) 439 470 +7%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
8897 高齢者 (株)タカラレーベン 463 657 +42%
7997 高齢者 (株)くろがね工作所 129 238 +85%






↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]



neo



さーどうなる五月の相場。株式市場。

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

為替しか動かないというのは、個人投資家としては不安ですね。

インデックスファンドの投資家としては、放置でとくに何もすることはないんですが。

原油が思ったより早く価格が戻ってきたことが、
日本経済にとってどう影響するかですね。

しかし「原油安のリスク」と散々警告していた人は、どれぐらいが適正だと判断されるんでしょうか。

勝負というか、潮目のポイントは、やはりシェールガスの開発コスト、そのリグの本数の推移ですね。

原油価格が高騰すれば、ふたたびシェールガスの開発が活発になるでしょうから、
その推移が見ものです。


日本株は、いったん下がるかもしれませんが、
日銀と政府の方針が変わらない限り、
円安の影響で株高、という大きな流れは当面変わらないと思います。

意地でも物価上昇させないといけないでしょうし。

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

過去の雑誌の株価予想記事を検証する。


タイトルの通りなんですが。

意外と、雑誌で、過去に推奨したり値上がりを予測した記事を、
後日検証するってことは、あまりないですね。

たまたま最近みた雑誌は、
「去年の予測銘柄のほとんどが値上がり!」と紹介されていましたが、
それは政策や外部環境の影響があるので、
「日経平均やTOPIXに対してどの程度騰がったか」という、
アクティブ投資信託と同じような検証でないと、
意味がないと思うのです。


で、たままたYAHOOのIDで、参考のためメモっていた銘柄の損益がでていましたので、
調べてきました。

これは、
日経マネーの 2011年09月22日 発売の雑誌か、サイトで紹介されていたもの。
2倍株がゴロゴロあり、トータルでも+90%と、すごい上昇ですね。
でもTOPIXも上がっているので、
結果としては「大型株を買っていればほとんどの人が儲かっている」
ということになりますね。

当時の環境を考えると、
日本の株価がボロボロで、市場が冷え切っているときに、
投資する勇気があった人だけが、リターンを得られたということになりますね。


 


コード
名称取引値前日比出来高保有数時価前日差購入価格損益関連情報保有数
購入価格
備考
TOPIX2/101,427.72+2.8---1\1,427.72\+2.8+0.20%744\744\+683.72+91.90%
掲示板エクセル
カルビー(株)2/104,200+20508,200100\420,000\+2,000+0.48%3,690\369,000\+51,000+13.82%
グリー(株)2/10671-22,336,100100\67,100\-200-0.30%2,187\218,700\-151,600-69.32%
(株)サンリオ2/103,145+30512,700100\314,500\+3,000+0.96%3,355\335,500\-21,000-6.26%
住友金属鉱山(株)2/101,744-43.54,554,0001,000\1,744,000\-43,500-2.43%1,104\1,104,000\+640,000+57.97%
ソフトバンク(株)2/107,130-64,227,200100\713,000\-600-0.08%2,327\232,700\+480,300+206.40%
富士製薬工業(株)2/102,083+920,700100\208,300\+900+0.43%1,295\129,500\+78,800+60.85%
ショーボンドホールディングス(株)2/105,000---55,000100\500,000---0.00%1,807\180,700\+319,300+176.70%
ダイキン工業(株)2/107,676-4504,379,600100\767,600\-45,000-5.54%2,113\211,300\+556,300+263.27%
東京エレクトロン(株)2/108,234-306850,200100\823,400\-30,600-3.58%3,825\382,500\+440,900+115.27%
(株)フェローテック7/12428------100\42,800---0.00%1,051\105,100\-62,300-59.28%
三井物産(株)2/101,591.5+36,325,700100\159,150\+300+0.19%1,258\125,800\+33,350+26.51%
日本オラクル(株)2/105,050+4082,400100\505,000\+4,000+0.80%2,483\248,300\+256,700+103.38%
(株)村田製作所7/127,800------100\780,000---0.00%4,480\448,000\+332,000+74.11%
イビデン(株)2/101,873+221,348,100100\187,300\+2,200+1.19%1,675\167,500\+19,800+11.82%
栗田工業(株)2/102,738+9713,400100\273,800\+900+0.33%2,072\207,200\+66,600+32.14%
SMC(株)2/1031,345-155192,500100\3,134,500\-15,500-0.49%11,080\1,108,000\+2,026,500+182.90%
合計\10,641,877.72\-122,097.2-1.13%---\5,574,544\+5,067,333.72+90.90%

 

 


  ↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

日経平均乱高下。


  昨日は無事、日経平均が上がりましたが、
この、他国の市場や為替に影響されて大きく動くのは、
なんとかならないかと思うのですが。

一部の例外の銘柄はあるにはあるんですが、
日経平均が下がったら、私がチェックしている銘柄、持っている銘柄が、
ほとんど全て下がる。

業種とかバラバラにしても、さして意味は無し。

しかも、私は中小株をメインに投資しているので、
日経平均の振れ幅より大きく動いています。

例えば、2013年中旬ぐらいからコツコツと買い足していった日本株は、
先々週にトータルで+30万円に届きかけていたものが、
一昨日にはマイナス3万円にまで下がりました。

そして今日は、+3万円まで戻しました。

同様に、フロンティア、エマージングのETFも大きく下げましたので、
リスクヘッジとして効いていたのは、債券の投資信託だけでした。

これはちょっと厳しい。

FXなどで、同じぐらいの割合の、他国通貨を持っておかないといけないかも、
と思いました。



↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

日本株が猛烈に下げましたね。


ここ数ヶ月のパターンだと、2日ほど下げても、
すぐ買い戻しが入ったのですが、
今回は4日ほど続落していますし、
米株も下落基調のままのようです。

今後、パニックになって売りが進むようでしたら、
どんどん下げていく可能性はありますね。

私個人としても、かなり手痛い評価減を食らいました。
2014年に買った株だけで見ると、トータルで評価損、マイナスとなりました。

一方で、投資信託は強いですね。
トータルの評価額が下がったのは確かですが、
日本株だけの評価損よりも、遙かにダメージは小さいです。

それよりも気になるのが、新興国(エマージング・フロンティア)
が下げたことですね。

過熱気味に、投資マネーが新興国に集まっているのではないか、
という見方をするアナリストが以前からいましたが、
さっとリスクオフのポジションを取りはじめているのなら、
それが当たっていたということになります。

 ただ、いつ何時も、
 挙がる、下がる、両方の予測を立てる人はいますので、
結果だけを見てもしかたがないので、
ここは様子を見るしかないなと思います。

 というか、サラリーマン投資家は、ここからが本番です。
 分散投資をして、(インフレを含む)リスク回避策を考えつつ、
一方で、相場が冷え込んで皆が手控えているときに、優良株を仕込む、
というふうにいきたいものです。

 「あるべき株価(理論値)」がどれだけ妥当かはわかりませんが、
業績も良く、その企業そのものに何の理由もないにも関わらず、
株価が下がっていっているのなら、
絶好の仕込み時期と言っていいはずです。

 その判断は人によって違うと思いますが。
例えば海外の売上高が高い企業に目をつける。など。



↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード