サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

投資・資産運用

【ブログ】積立投資の「出口戦略」って、必要?

わたし、不要派です。

不要というか、「いつから解約しよう、投資を辞めて現金化しよう」
というプランで悩まない、ということです。


もし仮に(仮にですよ)、「サラリーマンが定年まで1億円のリスク資産(投資信託)を貯めてきた」
としたら、
分配金が年に1%としても、100万円が毎年入ってくるわけです。

通常の年金に加え、年利1%の収入って、大きくないですか?
それをわざわざ、必要もなく「何歳からとりくずす」、という計画が必要でしょうか?
(90歳で死ぬ、とか決めてるならともかく)
(遺産相続時の相続税の心配をしている、とかならともかく)


現金が、「いるとき」に、「いる分だけ」解約すれば、それでいいと思うのですよ。
もし子供の教育資金や、不動産の購入などで、現金が必要ならば、積立をいったん辞めて、
とりくずせばよし。

あるいは、年金生活で、「月5万円ほど生活費が足らない 」となったら、
毎月5万円づつ、コツコツ解約すればよし。

という感じに考えていますので、
毎月、粛々と、コツコツと、インデックス投信を買い進めて行くことは、当分おわりそうにありません。




↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

インデックス投資家による個別銘柄投資


※「それインデックス投資家じゃないじゃん」というツッコミは甘受するとして。


私は基本的には、ほったらかしのコツコツ投資信託積み立て派です。

ですが、これは、資産形成のメインの部分として、
定期預金や死亡保険とか学資保険の部分を、インデックス投信に移していく、
という意味での、「インデックス投資家」です。

 ですから、極端な話、「無くなっても大丈夫な余裕資産」の部分ではなくて、
いわゆる貯蓄部分を充てています。



 それとは別に、最悪「無くなっても大丈夫な余裕資産」は、個別の日本株に
投資をしています。

 だから、「インデックス投資か、アクティブか、どちらか選ぶべき」という
論争には、特に加わるつもりはありません。


 そして、「インデックス投資家」というスタンスで、個別銘柄を選ぶ場合、
基本的には、「バイ アンド ホールド」。 
可能な限り、同じ銘柄を持ち続けます。

 それは私の場合、「応援したい企業」の銘柄を買うというのが理想の投資だと思うからです。

 例えば、友人が「起業をしたい」と相談に来て、出資を依頼されたときに、事業内容に納得していくらか出資すべきか、
という視点と、根本的には違いが無いと思います。


 もちろん、「今の株価が割高かどうか」ぐらいはチェックはしますが、
売買を頻繁に繰り返して利益を得よう、ということはほとんどしません。
 (損切りのラインは設定しますが)

 また、株主優待に積極的な企業を応援したくなる、なんてことも、正直あったりします。


 というわけで、
「株価とにらめっこしながら生活するようなスタンスからは離れつつも、
個別銘柄を持ちながら、成長を応援する、という方法もありますよ」
という話でした。





↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

株主向けの書類が届くピーク。


とにかく毎日、書類が届きます。

私は分散投資のために、端株(単元未満株)を大量に持ってるので、
金持ちではないにも関わらず、こんなに書類が届いてしまうのです。
勉強になるのでいいですか。

taba2


taqba






  ↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

投資信託のアセットアロケーションと積立額と損益をしらべてみたよ。

ほぼすべて、ノーロードの、インデックス投信。


楽天証券で、ほったらかし投信の毎月積立をしているわけですが、
次々と、少しでも信託報酬や維持費が安い投信に乗り換えているうちに、
それぞれの積立額の配分(アセットアロケーション)がわからなくなってきたので、
整理。

下がってきているとはいえ、REITの損益率が好調。
最悪なのはやはりというか、コモディティ。
このままだと維持費だけ払い続けるハメに。

「その他・不明」には、MLPを含むが、赤字。
そして、「海外株式」の比率がこんなに高かったとは気づかなかった。
うーむ、リバランスすべきか。悩む。

米国が利上げをしたら、新興国から資金が逃げていくのだろうか。



 
種別 地域 投資物   評価額の合計   評価損益の合計   評価損益率
                 
投信 日本 債権   ¥276,122   ¥5,952   +2%
                 
投信 海外 債権   ¥572,344   ¥87,662   +15%
                 
投信 日本 株式   ¥82,353   ¥13,713   +17%
                 
投信 海外 株式   ¥1,297,924   ¥380,856   +29%
                 
投信 日本 REIT   ¥227,030   ¥80,963   +36%
                 
投信 海外 REIT   ¥460,419   ¥159,558   +35%
                 
投信 その他 バランス型   ¥355,225   ¥69,040   +19%
                 
投信 その他 その他・不明   ¥29,978   ¥-1,360   -5%
                 
投信 その他 コモディティ   ¥39,096   ¥-9,904   -25%







↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

これから投資をしてみようと思ったら、試してみるべきこと。(続き)


の続き。

 

これが、バーチャルトレードで「もし買ってみたら」の、2日経った結果。

 はい。出ました。「買ったつもり」銘柄の、損益。

14


いやー ちょうど「上昇相場に乗るにはどう買いから入ればいいか」
というブログを書こうと思った矢先、大幅に日本の株価が下落してきましたね。



購入から2日経って、85万円で購入した3銘柄が\845600となりました。
損益は、\-17,150円。
約2%の損です。

もしこのままの傾向が続くなら、10日で約8万円の損。
※実際のリスク計算は、こんな単純な式ではありません。あくまで目安。

この値動きについていけそうか、
自分のリスク(損益額・損益率)の許容度を、
皮膚感覚で知ることが、投資の第一歩だと思います。

この値動きで、狼狽してすぐに「やっぱり株は怖いな」
と後悔しそうなら、まだ投資に手を出す時期ではないと思います。





あと、バーチャルトレードで知ることができることはたくさんあります。

例えば、「日経平均の上下と、自分の持っている銘柄の動きの関係」や、
「個々の株価の値動きの違い」など。

指数(日経平均やTOPIX)に連動して挙がっていくような相場なら、
ミーハーに、順張りで人気株に乗っていけばいいのかもしれません。

そうでなくて銘柄や業種によって値動きがバラバラとなるような相場の場合、
分散投資を考えたほうがいいかもしれません。

あるいは、このまま「様子見」というのもありです。


王道は、「安い時に買い、高くなったら売る」です。
ですが、なかなかこれができないんですよね。

私個人としては、今日1日で、いくつかの株価を損切り(あるいは利益確定売り)
しました。
まったくの無傷というわけではないです。1人で数万円はマイナスが出ました。

このまま相場が低調になっていくなら、いったん手じまい。
調整をした後、再度、日経平均2万円を目指すのなら、絶好の仕込み場。

どういう形で連休(ゴールデンウイーク)に入るか、
個人投資家の皆さんが、かたずをのんで見守っているでしょう。

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード