サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

2015年05月

海外債権っている? いらない?(インデックス投資信託)


インデックス投資信託「債券」の分散投資は意味があるのかないのか。


ということをフと気になりまして。
日本円ベースで考えると分散効果はほとんどないんじゃね?
ということを検証したいなと思ったのですが、
いかんせん技術がないので誤解を与える結果になってしまっていたらご容赦くださいませ。


1:
投資信託の基準価格の推移の比較
たまたま、2013年から積立していた、
三菱UFJ-eMAXIS国内債券インデックス
三菱UFJ-eMAXIS新興国債券インデックス
三菱UFJ-eMAXIS先進国債券インデックス
を比較。

ついでに、
東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド
T&D-世界物価連動国債ファンド(愛称:物価の優等生)

の2つも表示

d


グラフとして眺めてみると、
たしかに、なんとなーく、動きが連動しているような気もする。

ただこれ、あくまでメモっていた基準価格だけを並べているので、
分配金とか、本来の指標とのズレがあるタイミングで是正されているとかあると思いますので、
厳密な精査はできておりません。

が、国内債券に比べ、先進国、新興国は基準価格の変化が大きいような気もします。

ので、まったく意味がないとも思えないのと、
万が一の万が一、自国(日本)の国債が大暴落っていうことも考えて、
いちおう分散投資は続行することとします。

 


2:
国内×先進国
先進国×新興国
の相関を調べる。

グラフ割愛。

んー 確かに相互の基準価格の変化は似ているらしい。



3:意外なことを知る。

オマケで加えた、
東京海上-東京海上・物価連動国債ファンド
T&D-世界物価連動国債ファンド(愛称:物価の優等生)
の2本。ほとんど同じ投資信託かと思ったら、全然値動きが違うじゃない。
これびっくり。
毎月1000円しか積立してないから、いいんだけど。




地震・耐震・免震関係銘柄。


不謹慎と思われるかもしれませんが、
ただ単純に、四季報から、
免震技術などを研究している銘柄を探してたらリストアップできましたので、
ご参考まで。

ima


コード 名称 備考 取引値 PER PBR 配当利回り
1782 常磐開発(株) 土壌改良工事 402 (連) 4.64倍 (連) 0.78倍 3.23%
1799 第一建設工業(株) 耐震補強工事が繁忙 1,335 (単) 8.59倍 (単) 0.61倍 1.80%
9767 日建工学(株) 消波ブロック。反転増 197 (連) 9.72倍 (連) 1.54倍 3.05%
2325 (株)NJS 上下水道ODA 1,568 (連) 21.53倍 (連) 0.94倍 2.81%
7760 IMV(株) 振動計測装置。地震監視システム。超繁忙 558 (連) 11.69倍 (連) 2.32倍 1.08%
1881 (株)NIPPO 舗装王手 1,977 (連) 10.70倍 (連) 1.00倍 0.76%
5446 北越メタル(株) トンネル。ロックボルト堅調 261 (連) 21.75倍 (連) 0.36倍 1.53%
1835 東鉄工業(株) 連続最高益。地震対策工事 2,602 (連) 16.23倍 (連) 1.78倍 0.92%
6517 デンヨー(株) 震災用発電機最高益 1,820 (連) 11.03倍 (連) 0.87倍 1.32%
5962 浅香工業(株) 災害救助セット ショベル 218 (単) 13.10倍 (単) 0.77倍 1.83%
6709 明星電気(株) 広域防災システム。宇宙防衛機器 145 (連) 77.13倍 (連) 3.69倍 0.69%
4669 (株)ニッパンレンタル 工事用作業者レンタル 262 (単) 9.92倍 (単) 1.17倍 2.29%
4673 川崎地質(株) 地質調査 527 (単) 17.39倍 (単) 0.81倍 1.90%
4814 ネクストウェア(株) 地震速報システム 221 (連) ---倍 (連) 9.17倍 ---%
3442 (株)MIEコーポレーション 管継ぎ手 51 (連) ---倍 (連) 0.98倍 ---%










↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

さーどうなる五月の相場。株式市場。

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

為替しか動かないというのは、個人投資家としては不安ですね。

インデックスファンドの投資家としては、放置でとくに何もすることはないんですが。

原油が思ったより早く価格が戻ってきたことが、
日本経済にとってどう影響するかですね。

しかし「原油安のリスク」と散々警告していた人は、どれぐらいが適正だと判断されるんでしょうか。

勝負というか、潮目のポイントは、やはりシェールガスの開発コスト、そのリグの本数の推移ですね。

原油価格が高騰すれば、ふたたびシェールガスの開発が活発になるでしょうから、
その推移が見ものです。


日本株は、いったん下がるかもしれませんが、
日銀と政府の方針が変わらない限り、
円安の影響で株高、という大きな流れは当面変わらないと思います。

意地でも物価上昇させないといけないでしょうし。

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード