サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

2013年09月

株主優待届きました。9449 GMOインターネット(株)

残念ながら、まだ申し込みができないんですが、
9449 GMOインターネット(株)
の優待の通知が来ました。

株主向けのサイトはこちら
https://yutai.gmo.jp/










私はGMOインターネットの契約があるのと、
GMOクリック証券の口座を持っているので、
最大限に活用したいと思います。

ただ、毎年、優待の内容が変わるのは不安ですね。

それから、「くまポン」サイト。






使い勝手はそれほど良くないです。そこは残念。

ともあれ、グループ全体としての相乗効果を生かしてがんばっていってほしいですね。


























株主優待届きました。 25935 (株)伊藤園第1種優先株式


株主優待届きました。

まず、自社製品のジュースやお茶の葉の詰め合わせ。1500円分。

ce87965f.jpg



それから、配当金が100株につき2500円。

09b6eb70.jpg


この銘柄のすごいところは、配当金が通常の銘柄
2593(株)伊藤園 より、1.25倍であるところ。


それから、 通常の銘柄 2593(株)伊藤園 より、株価が安く、配当金と優待だけの比較だと、利回りが高くなる所。

もしこの「優先株」が廃止される場合、通常の株と強制的に交換されるのですが、そうなっても株価の差額だけ、得することになります。
さらにさらに、もし他企業と合併や吸収などがあった場合も、通常の株と同じ扱いで交換されるわけですから、やはり株価の差額だけ得します。

1d09477a.jpg



あと
定価の30%オフの通信販売カタログが同封されていますが、これは正直、ネット通販の安売りとどっこいどっこいの値段か、送料分だけ安いかも、という感じ。

でも定期的に野菜ジュースなどを飲むなら、利用するのもアリかもしれません。


>
デメリットは、議決権が無いところ。

特に今の経営に異議はありませんし、大株主でもありませんので、私はまったく議決権は必要ありません。

物言わぬ株主で結構です。



という、優待銘柄が好きな株主にとっては常識となってもいい銘柄なのですが、知人に聞いても知りませんでした。

これが株価の低さの原因かもしれませんね。






NISAの成績(6月分まで)

ご参考まで。現時点でのご報告を。
1月から、投資信託の積立のみで行ってきたNISAの投資、
現時点での評価額が、¥371,693、
評価損益は、+¥14,186 となりました。

利率でいうと+4%程度です。

ただ、概況を見てみると、世界的に分散投資をした人は、
多かれ少なかれ、プラスになっているのでは、というのが、感想です。
つまり、ノーロードで信託報酬が安い投資信託を適当に買っていれば、
赤字の人がほとんどいなかったのでは、ということです。


逆に、NISAで年初に100万円の枠いっぱい、
日本の株(個別銘柄)を買った人の中には、
手痛い洗礼を受けた方もいるのではないでしょうか。

私は小型株を定期的に買うのですが、
「アベノミクス」以前に買った株をまとめると、全体としてプラス。

一方、今年に入って買った株は、全体としてやっとプラマイゼロ、
5月の時点ではマイナスという日も多かったというのが実情です。





iPhone5cを買いました(6)契約編2

 さて、日曜に、古巣であるsoftbankのMNPを、自動応答の電話で申し込む。
 今までだと、「今辞めると○○円分損になりますがいいんですか?」
みたいな電話がきましたが、2年縛りのペナルティが無い期間は別扱いらしく、
アッサリとMNP番号が発行される。

で、改めて、昨日確認した家電量販店(A)へ向かうと、
朝一番の時間帯なのに、既に申し込み客が複数いる模様。

手続きや説明に1時間、 契約の処理に2時間ぐらいかかるということで、
端末を手にしたのは昼食を食べた後の話。



iPhone5cを買いました(8)維持管理編


[基本使用料]
タイプXi にねん 「ドコモにのりかえ割」適用の方  780円/月   実質0円/月(2年間)

[インターネット接続サービス]spモード 315円/月

[パケット定額サービス]Xiパケ・ホーダイ for iPhone  5,460円/月

月々サポート
-2520


さて、細かい計算は忘れたのですが、
おもしろいなと思ったのが「月々サポート」です。

2年前、softbankでiphone4Sを買った時、「携帯電話 本体(端末)」を割賦(ローン)で買ったとして、月々の支払いが1,920 円。
ただし、「月々割」で、○円 毎月値引きされますので、実質○円です。

という説明を受けたので、こちらとしては、「携帯端末代」に対して、値引きが行われるものとばっかり思っていたわけです。感覚として。



そして、今回のdocomoのiphone 5C ですが、
端末代金は「一括0円」でありながら、「月々サポート」で、その他の費用から、割引が受けられるわけです。

結果として、実質、最低維持費が2千円台となったわけです。


WIMAXの契約が月々3000円前後ですから、
パケット定額のiphone5Cが、この金額で維持できるというのは、自分としては驚きです。

と同時に、買う時期によって、まったく総額が変わってくることに驚きました。
(今は5Sが投げ売りされているようですね)


あと1点、今回、すこしだけ、通常とは違うMNPの仕方をしました。
「MNP弾」という言葉が分かる人にとっては常識かもしれませんが、今回、MNPのうち1台は、iphoneからではなく、「フォトビジョン」、つまりデジタルフォトフレームに割り当てられた電話番号を使いました。

理由は細かいので書きませんが、もう少しsoftbankのメールアドレスを維持する必要があったからです。


例えば、「そろそろ子供に持たせたいので、2台から3台に増やそう」というような人にとっては、MNP2台+新規1台ではなく、MNP3台のほうが遙かにおトクになるはずです。



検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード