Sponsored link

後日あらためてまとめますが、とりあえず今日気づいたこと。
 

SIMカード(事務手数料)【楽天モバイル】 【送料無料】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】

価格:3,665円
(2018/1/17 00:40時点)
感想(47件)





★私の条件。
auから楽天モバイルにMNP。iphone6S2台分。
スーパーホーダイ プランS。
楽天モバイルの店舗で手続き。


★転出元から、MNPの手続きをする。
MNPの予約番号を必ずメモしておく。
有効期限もメモしておく。
通常、MNPの予約番号の有効期限は15日間あるらしいけど、
店頭では、10日間以上期限がある状態でもってきてほしい、というようなことを言っていたので、これ重要。

★<お友達紹介キャンペーン>がお願いできる人がいないか、調べてみる。

★手続きの予定を決める
店舗で手続きする場合は、予約ができるなら、日時を事前に連絡しておいたほうがスムーズ。
店舗によっては、担当者が1人や2人なので、順番待ちが発生する。
所要時間は、説明・設定など含め、早くても1.5時間。 長いと3時間ぐらいはみておいたほうがいいかも。



★プランと、契約期限を決めておく。
自分は、1年しばり。
なぜなら、スーパーホーダイのSプランは、最初の1年目だけ、1980円だが、2年目からは2980円になる。
なので、13か月目から、ベーシックプランに変えるか、他のキャリアへの転出を考える。



★SIMロック解除をしておく
・転出するまえに、元のキャリアでSIMロック解除をしておかないと、ひどいことになる。
・具体的には、楽天モバイルでMNP手続きをする 
→ なぜか楽天のSIMが使えない 
→ 楽天モバイルの店舗では、それ以上手続きができないので、SIMお持ち帰りとなる
→ auのサイトからSIMロック解除手続きをしようとするが、すでに転出しているので、権限が無い 
→ auの店舗に行って、三千円を払ってSIMロックを解除してもらうハメになる
→ 結局、自宅で自分で楽天モバイル開通の手続きをする羽目になる
※すべて実話。なぜか2台のうち、1台しかSIMロック解除ができていなかった。



★楽天IDとパスワードをメモしていく
店頭のタブレットで入力を求められます。



★クレジットカードと身分証明証をもっていく
免許書など。
銀行引き落としは、毎月100円の手数料がかかるのでおすすめしない。



★appleIDとパスワードをメモしておく。
アクティベーションがどうとか、って場合に、入力を求められる場合がある。
知り合いに、「なにそれ? 買ったときに入力したけど忘れた」って人がいたので、絶対に忘れないように。



★楽天市場のキャンペーンで適応してほしいものがあれば、店頭で必ず伝える。
自分の場合は、2回線目と、ダイヤモンド会員なので、それを適応。



★「楽天モバイル メンバーズステーション」用のパスワードを考えておく
 アルファベットだけでなく、記号を1ついれないといけないので注意。



★無線(WIFI)LANが使える環境を確保しておく
最初の設定時、ネットにつながる環境が必要なので、家の中でネットできるのがスマホだけ、というような場合は詰むかもしれないので、注意。
ファミレスとかコンビニのフリーWIFIでもいいと思う。



★連絡が取れない時間が数分~数時間発生する



★最初にアプリを使うときに、挙動が違うときがある
 特にLINE。最初に「この電話番号でいいの?」みたいな表示がでるので、キャンセルしないと、
うっかり別の電話番号に設定させられることになる。注意。


★「楽天でんわ」を使う時の注意
 かかってきた電話に、そのまま返信する形で電話すると、楽天でんわアプリを経由しないので、「003768」を番号の頭に追加しない。
だから、「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」などが適用されない。
これ、ちょっと電話をするのが面倒になるので、注意。



★「楽天モバイル」アプリを入れる。
 これを入れないと、「高速通信」のON OFFや、各種手続きができない。


↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

Rakuten Mobile Prepaid SIM 2GB(標準SIM、マイクロSIM、nanoSIM)【プリペイドSIM】【楽天モバイル】【SIMフリー】【格安スマホ】

価格:4,298円
(2018/1/17 00:41時点)
感想(11件)


[スポンサーリンク]