サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

太陽光発電のスケール感が分かってきた件。5

日経平均大暴落の話はおいといて。


先日、太陽光パネルを設置したんですよ。

で、見積りの段階で、 
 発電容量が2.850kW、
年間推定発電量が2969kWh、
回収期間(推定)8年

とかグラフ見せられても、全然ピンとこなかったんですよ。


で、最近、やっと正式に発電が開始して、モニターの画面を見たわけですね。

A



で、この日は、たまたま、「9.95kWh発電して、1日に365円得した」
ということがわかったんですよね。

これを見て、やっと、太陽光発電パネルのコストと利点とか、
損益分岐点とかが、イメージとしてわかってきたわけです。

うちのケースでは、設置経費が80万円(足場の費用なし)かかってるので、
単純に、「80万円÷365円」で、何日で、設置経費分の元がとれるだけの
発電量が稼げるか、概算はわかるわけです。

もちろん、天気や季節によって全然かわってくるので、
そこは、例えば300円で計算してみるとか、250円で計算してみるとか、
するわけです。

そして、ようするに、「機器の保証期限の10年以内に、設置費用はすべて回収できる」
ということがわかったんですね。

いやー、実際にうごかしてみないとわかんないもんですね。







↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

インデックス投資家による個別銘柄投資


※「それインデックス投資家じゃないじゃん」というツッコミは甘受するとして。


私は基本的には、ほったらかしのコツコツ投資信託積み立て派です。

ですが、これは、資産形成のメインの部分として、
定期預金や死亡保険とか学資保険の部分を、インデックス投信に移していく、
という意味での、「インデックス投資家」です。

 ですから、極端な話、「無くなっても大丈夫な余裕資産」の部分ではなくて、
いわゆる貯蓄部分を充てています。



 それとは別に、最悪「無くなっても大丈夫な余裕資産」は、個別の日本株に
投資をしています。

 だから、「インデックス投資か、アクティブか、どちらか選ぶべき」という
論争には、特に加わるつもりはありません。


 そして、「インデックス投資家」というスタンスで、個別銘柄を選ぶ場合、
基本的には、「バイ アンド ホールド」。 
可能な限り、同じ銘柄を持ち続けます。

 それは私の場合、「応援したい企業」の銘柄を買うというのが理想の投資だと思うからです。

 例えば、友人が「起業をしたい」と相談に来て、出資を依頼されたときに、事業内容に納得していくらか出資すべきか、
という視点と、根本的には違いが無いと思います。


 もちろん、「今の株価が割高かどうか」ぐらいはチェックはしますが、
売買を頻繁に繰り返して利益を得よう、ということはほとんどしません。
 (損切りのラインは設定しますが)

 また、株主優待に積極的な企業を応援したくなる、なんてことも、正直あったりします。


 というわけで、
「株価とにらめっこしながら生活するようなスタンスからは離れつつも、
個別銘柄を持ちながら、成長を応援する、という方法もありますよ」
という話でした。





↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

ネオ東京銘柄

去年の11月ごろでしょうか。
「日経ヴェリタス」に、東京オリンピックを含む、
「ネオ東京銘柄」の一覧が掲載されまして。

それを、メモっておいたので、
今現在、どうなってるか確認。

うおーーー もし買っておけば、ほとんどプラスじゃないかーーー!
と、大変くやしい思いをした私でした。

なかには二倍以上株価が上がったものもありますね。

私は「翻訳センター」だけ注目して持ち続けておりました。

意外なのは、道路の耐震技術の関連が、まだあがってきていないことですね。
これだけ地震の報道がたびたびあるのに。

 
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1812 町づくり 鹿島 492 616 +25%
1925 町づくり 大和ハウス工業(株) 2,083.50 3,087.50 +48%
8801 町づくり 三井不動産(株) 3,507.50 3,528.50 +1%
8802 町づくり 三菱地所(株) 2,795.50 2,755 -1%
8830 町づくり 住友不動産(株) 4,094.50 4,349 +6%
9020 町づくり 東日本旅客鉄道(株) 8,645 12,250 +42%
9024 町づくり (株)西武ホールディングス 2,132 2,841 +33%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1815 駅鉄道 鉄建 478 338 -29%
1835 駅鉄道 東鉄工業(株) 2,503 2,438 -3%
1950 駅鉄道 日本電設工業(株) 1,548 2,216 +43%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1861 リニア (株)熊谷組 400 350 -13%
5715 リニア 古河機械金属(株) 214 242 +13%
9022 リニア 東海旅客鉄道(株) 16,505 21,720 +32%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1885 海洋土木 東亜建設工業(株) 202 210 +4%
1893 海洋土木 五洋建設(株) 357 508 +42%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1721 電線地中化 コムシスホールディングス(株) 1,961 1,881 -4%
1942 電線地中化 (株)関電工 582 813 +40%
1944 電線地中化 (株)きんでん 1,135 1,654 +46%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1871 道路耐震 (株)ピーエス三菱 478 408 -15%
5911 道路耐震 (株)横河ブリッジホールディングス 1,402 1,143 -18%
6282 道路耐震 オイレス工業(株) 2,159 2,009 -7%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
1973 防災 NECネッツエスアイ(株) 2,401 2,598 +8%
6755 防災 (株)富士通ゼネラル 1,388 1,761 +27%
6756 防災 (株)日立国際電気 1,645 1,673 +2%
6809 防災 TOA(株) 1,114 1,328 +19%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
6418 カジノ 日本金銭機械(株) 1,705 1,622 -5%
6457 カジノ グローリー(株) 2,841 3,610 +27%
6460 カジノ セガサミーホールディングス(株) 1,738 1,549 -11%
9006 カジノ 京浜急行電鉄(株) 919 1,021 +11%
9766 カジノ コナミ(株) 2,202 2,588 +18%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
2331 治安保全 ALSOK 2,576 5,510 +114%
9735 治安保全 セコム(株) 6,751 8,358 +24%
9740 治安保全 CSP 1,169 1,580 +35%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
3086 外国人観光客 J.フロント リテイリング(株) 1,459 2,333 +60%
3099 外国人観光客 (株)三越伊勢丹ホールディングス 1,495 2,259 +51%
4664 外国人観光客 RSC 256 762 +198%
9706 外国人観光客 日本空港ビルデング(株) 4,320 6,600 +53%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
2483 外国人向け (株)翻訳センター 3,195 4,725 +48%
6096 外国人向け (株)レアジョブ 2,012 2,800 +39%
8876 外国人向け (株)リロ・ホールディング 7,790 13,320 +71%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
6501 スパコン (株)日立製作所 859.1 804.4 -6%
6702 スパコン 富士通(株) 664.4 650.6 -2%
6701 スパコン NEC 386 396 +3%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
5900 自転車 (株)ダイケン 547 763 +39%
3333 自転車 (株)あさひ 1,236 1,485 +20%
7309 自転車 (株)シマノ 14,660 17,210 +17%
7847 自転車 (株)グラファイトデザイン 655 657 +0%
8132 自転車 シナネン(株) 439 470 +7%
コード テーマ 銘柄 当時の価格 現在の取引値 増減
8897 高齢者 (株)タカラレーベン 463 657 +42%
7997 高齢者 (株)くろがね工作所 129 238 +85%






↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]



neo



太陽光パネル(太陽光発電)の軌跡。


 唐突に、太陽光パネルの設置を検討し初めまして。

 見積りを各社とりましたので、その記録。

1)大手の家電量販店
 各社いろいろパネルを選べるので、
屋根の形に合わせて最適なものを提案してもらえる可能性が高い。
 しかし、我が家の予算からはオーバー。

2)大手のホームセンター
 各種リフォームの仲介をしているだけあって、手慣れている。
 下請けの業者さんの腕しだいかもしれないけど、
大手の保障を長年受けられるのは良い。


 多くの企業から見積りをもらえるので、便利。
 ただし、多すぎてわけがわからなくなる時があるのと、
メールでの連絡を希望しているのに、電話がかかってきたり、
返事が遅れると電話がかかってきたり、
タイナビ事務局から「どうでっか?」って電話やメールがきたり、
ちょっとせわしないイメージあり。
(サラリーマンはそんなに毎日はなしをすすめることができないので)
 
 でも、安くきめるにはここがベストチョイスか?



 太陽光だけじゃなく、リフォーム全般の相見積サイト。
 最初は匿名で依頼できるので、徐々に得意そうな業者さんにしぼっていけるのが利点か。

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

ほったらかせない場合もあるコツコツ投信。




なぜほったらかせないかというと、
①リバランス
②積み立て銘柄の乗り換え
の2点。


①は、さんざん本や先駆者が述べられてますので簡潔に。
例えば国内株・海外株・国内債券・国外債券 なんてぐあいで均等に分散していて、
ある1つのアセットだけが極端に値上がりしていたような場合、
全体としての比率(バランス)が崩れちゃうので、
元のバランスにもどしましょうね、という作業。

これ、半年に1回とか、1年に1回ぐらいでいいよ、
っていうのが相場みたいなので、そんなに手間ではないです。


問題は②。

いや、問題というか、とてもいいことなんですが、
最近はノーロードのインデックス投信が各社それぞれ出そろってきており、
熾烈な競争が起こっています。
結果、「今、どれが一番いいの?(管理費コストが安いの?)」
ってのが、結構な頻度で入れ替わる(ような気がする)のです。


ざっと私が把握してるだけで、
・SMT
・ニッセイインデックスファンド
・ファンドeシリーズ
・EXE-iシリーズ
・eMAXIS
・Funds-i

こんな感じ。


私自身はつい最近、取扱が始まった「EXE-i」に傾倒しかけてますが、
例えば「全世界への株の分散投資」だけに限った場合でも、
他社のほうが信託報酬が安かったり、
ETF「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」にすべきか、
いや、いっそのこと、米国ETFの
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」
が最安値ではないのか、

など、選択肢が多すぎて、頭の中が大荒れなのです。


というわけで、どこまで効率を求めるかは、
「ほったらかし」の精神とトレードオフの関係にあるかと思いますので、
僅か0.001%とかの差のために、あっちこっちと投資先を変えるべきなのかどうか。
悩ましいところです。

↓ ぽちっと投票おねがいします ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
     
サラリーマン投資家 ブログランキングへ



[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード