サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

【ブログ】今回の楽天買い回りマラソンで買ってよかったもの。

ただひたすらリンク張ります。



これ最高っす。
安心のため、ブレーカーつきのコンセントを使うことが多いのですが、
これは場所を取らずにコンセントを増やせます。
ただ、ひっぱる力には弱く、重すぎるとたまに外れてしまうので注意。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばんやさしい 60代からのLINE [ 増田由紀 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばんやさしい 60代からのiPad iOS11対応 [ 増田 由紀 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/21時点)


親に勉強させるために購入。
目標はiphoneを買うこと。


バイクのシートがやぶれてしまったので、雨が入らないように購入。


お気に入りのダテハキの靴。雨や雪に弱く、冬に最適。



ニトリや無印良品などいろんなクッションがありますが、まずはこれ。
通販は座り心地や厚さがわからないのがデメリットというか賭けですね。
安いものを買って、iphoneが充電できないことがおおかったので、評価の高いものを購入。


究極のアイマスクを求めてこれにたどり着きました。
鼻や顔の形によると思いますが、ばっちり視界が暗闇になります。

唯一の難点が、見た目とかふくらみとか触り心地(?)がぶーらじゃーに似てること。



お気に入りのサプリめんと



親からの依頼。テレビでおからブームなんですかね?


評価が高いものをポチりました。毎年適当にこの季節に買ってます。


ふるさと納税でお米。



以前、安い互換性のあるものを買ったら、毛先がすぐにダメになったので、多少高くても良いものを購入。










「スマイルゼミ」を1年使ってみてわかったメリット・デメリット

ジャストシステム(東証1部4686)のサービス、スマイルゼミをこどもに与えてみて、約1年、
感じたことなどを書きます。
※あくまでいち家庭の個人的感想です。





①結局、どうなの?

「家庭による」
「学習環境による」
「本人のモチベーションや性格・学習法などとの相性による」
がすべてではないかというのが我が家の結論です。

 他社サービスもいくつかあるので、体験会などを渡り歩いて、本人にあったものを選ぶのが正解だと思います。
 例えば、「自宅では甘えてしまうので、先生や人の目があるほうががんばれる」
という子供の場合、塾に通ったほうが学習効果は高いように思います。
我が家では、コストパフォーマンスから見て、引き続き使うという選択肢を実行中。




②いくらかかるの?

我が家の場合、年間トータルで64,740円です。
学年によって金額が違うほかに、
「発展クラス」
「英語プレミアム」
「スマイルゼミ小学 あんしんサポート」
などのサービス加入によって、金額が代わってきます。
1か月、約5千円。
これをコストパフォーマンスが高いとみるか、安いと見るかが、判断基準だと思います。




③我が家で感じたスマイルゼミのメリット・いいところ

★チャット機能がある
 「みまもりトーク」という機能が秀逸。
 言ってみればLINEみたいなものなのですが、親のスマートフォンにインストールできるので、こどもがひとりで家に居ても、
ちゃんと学習しているかがわかったり、アドバイスをしたり、コミュニケーション手段として使えます。
 タブレットらしく、こどもが写真を撮って送信したりもできるので、
 こどもにスマートフォンを持たせるのはまだ早い、というご家庭にとっては良い機能です。
 例えばきつくしかりすぎてしまったときは、親側がフォローしたり、
 その逆にこどもが面と向かっては言いづらいことや謝罪をチャット上でしてきたりします。

★短時間で完結できる
 1つずつの「ミッション」に別れているので、5分、10分といった細切れの時間があれば、勉強ができます。
 ご家庭によっては、朝起きてから10分、とか、帰宅してからごはんができるまで、などコツコツと勉強できるでしょう。
 これは大人になってからもよくあることなんですが、「やる気になるまでが時間がかかる」という性格に人にとっては、向いていると思います。

★ゲーミフィケーション的な要素がもりこまれている
 カードを貯めたり、スターを集めたり、ファッションを変えられたり、毎月「プラチナランク」「すごいキミ」の発表があったりと、
楽しみながら学べるようにする仕組みをいろいろ取り入れられています。

★外出先でもできる
 スマートフォンからのテザリングでもいいのですが、「お出かけモード」にすると、完全にWIFIが無いオフライン環境でも学習可能。
 これは旅行先であったり、祖父母の家であったり、外食を待っている間にやったり、友達の家にもっていくということができて、大変便利。

★書く練習にもなる
 文字認識の精度は高いですが、あまりにもヘタクソだと別のひらがなや漢字と認識し、間違いとなるので、筆記も手が抜けない。

★書くだけじゃない
 文章の朗読や、英語の発音もちゃんと学習のなかにとりくまれています。

★教科書に沿った内容
 実際にこどもが使っている教科書そのままの内容なので、予習、復習にも最適。
 ただこれは、後述するデメリットにもつながる特徴。



③我が家で感じたスマイルゼミのデメリット・惜しいところ

★スターが貯まりすぎる。
 「勉強をしてスターを貯める → ゲームをするとスターが消費される」
という仕組みなのですが、
よっぽどゲームにハマらない限り、あっというまにスターが999とカンスト(カウンターストップ)してしまいます。
スターが貯まると、こどもは1日あたり、最小限のミッションしかやらなくても良いと感じてしまうでしょう。
これはゲーム的にはバランスが悪いのではないかと。


★どの「ゲーム的要素」に興味を持つかは、こどもによる
 ゲーム・漫画などは新しく追加されることがありますが、それでも、こどもが興味をひく仕組みがまったくない場合、
「報酬のためにスマイルゼミ」をがんばる、というサイクル自体が生かされなくなります。


★選択式問題の限界
 間違えた問題は、繰り返しチャレンジできます。
 これはとてもいいことなのですが、選択式だと、1回目は適当に選択し、いつか正解にたどりつく、というただのクリック作業と化してしまうことがままあります。
 ここは「独習」の限界かも。


★苦手なものをやらなくてよい
 こどもにまかせっきりにすると、苦手な教科を勉強しなくなります。
 例えば我が子の場合、タイムトライアル的な、時間に急かされるミッションが心理的に苦手で、1回やって終わり、ということがあります。
 また毎日表示される「ミッション」は、3~4つで、それ以上は自主的に増やすか、親が追加しないかぎり、増えません。
 本人にやる気があれば、いくつでも、何回でもチャレンジできる問題集ではあるのですが、本人がやらなくていいと思えばまったくやらないです。
 我が家では、「毎日のミッションだけは必ずクリアする」が最低ラインですが、それ以上バリバリと勉強するという姿はみたことがありません。限界。


★2点以上のタップに対応していない
 これは機能的な問題。
 将棋のような、「2人で対戦」できる問題があって、これはとても面白い仕組みだと思うのですが、
いかんせん、2点以上タップしても反応しないので、片方のこどもが「押しているのに反応しない」とフラストレーションがたまり、ゲームとして不完全。



★教科書そのままの内容であることのデメリット
 「今日学校で習ったことを、家で復讐できる」「あらかじめ予習ができる」というのはいいことですが、
こどもによっては、スマイルゼミで習っているばっかりに、学校で集中しない、しなくてもできてしまう、といった弊害が起こり得ます。
つまり、スマイルゼミをやっているがゆえに学校の授業がおろそかになるなら、まったく意味が無いばかりでなく、逆効果。
「学校では優等生」という変な優越感が生まれる危険性があるな、と感じました。

★ゲーム画面のまま夜終わらせると、次の朝から遊べてしまう
 困った仕様。
 一晩たったらリセットされて、勉強をする状態に戻してください。お願いします。


④それでも続けている我が家の事情
 「小さな課題をクリアし、小さな経験を積む」という繰り返しができ、なおかつ「勉強ギライ」になってないといいうだけでも、ましかな、と。
 あと、たまにこどもがドはまりするゲームが追加されたりします。 うちはパズル系と動物系が好き。


school_jugyou_tablet

アリバイ作りとしか言えない投信運用報告。

さて、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の季節が近づいてまいりました。




それとはまったく関係なく、年の途中でもあるのですが、
現時点での投信(NISAのみ)のご報告


夫婦でNISA利用していますが、まず私分。
aki

利用法が迷走していたため、上記のような成績。
次年度は、例の楽天証券の
「投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!」と、
「楽天証券のポイント投資でポイント+1倍」があるため、
こちらのほうにNISA口座を移動する予定。


パートナーのほうは、開始当初より、機械的にインデックス投信を購入してきました。
数か月前より若干、含み益が減ってきてはいますが、気にせず積み立てています。
ただ、今年でNISA5年目に入り、ほぼ満額利用したことになるので、
来年からは「つみたてNISA」に変更する予定。

mayu




実家問題などをどうするか理想と現実。

今年の大雨、台風の被害を経て、
築40年以上の実家の親とのやりとりの記録。全然話がすすみません。



この機会に補助制度を利用して、耐震・防災を強化すればどうか
→お隣さん宅が「リフォームで済まないほど痛んでる」と言われた。
我が家も朽ちるまでこのままでいい。地震でペシャンコになるならそれでいい


台風で瓦が飛んだり、倒壊して近接している他の家に迷惑をかけることがあるのだが?
→保険に入ってる


火災保険は台風で他人に迷惑をかけた場合の保険金がないようだが?
→契約変えてみる。お金もある
※ありません


マンションなどに転居は?
→知らないところで住むのは絶対イヤ。一戸建てでないとイヤ。


では、いっそのこと建て替えをして、数十年住める家にすればどうか。万が一があっても今より高く売れると思うが?
→もったいない。知らない人に工事や家に入ってもらうのはイヤ。


建て替えたほうが暮らしやすい家になると思うが?
→そんなに長生きするつもりはない。
ボケたら施設に放り込んでくれたらいい。自宅は子供に贈与するから気にしなくていい


そんな都合よく死ぬ時期や介護の度合いを決められるわけではない。施設もすぐ入れるわけではない
→もし脳溢血や心臓発作になった
場合、中途半端に延命措置はせず、死んでから発見されたい。
遺産と蓄えはある。土地を売ればお金になる。
※ありません。そんなに高く売れません。


それなら、去年の生活費と、年金の合計金額(年収)、介護施設の種類と、それぞれ入居一時金と月の経費とか把握してる?
→知らない。○○さん宅の親が施設に入ったらしいから、なんとかなるでしょ。


介護施設に入るなら、どこに行っても変わりはないのだから、介護する可能性のある我々子供の住んでる地域のものを探せばどうか
→住み慣れた市町村を離れたくない




スマートスピーカー「amazon echo」オススメポイント・レビュー4


「amazonプライムデー」で、ついに念願の「amazon echo dot(アレクサ)」を購入しました。
(ちなみに、楽天市場のお買い物マラソンと時期がかぶってしまったので、買い物依存症を疑われるほど夫婦で買いまくりました)

とりあえず、一夜明けてファーストインプレッション。

★総論・夢の機械ではない。でも思ったよりステキ。

 ネットで大絶賛されているわりに、いまいちスゴさがわからなかった私。
 使ってみて、その良さを垣間見ることができました。 


★革命的なのは、「機械に時間をとられない」操作性。

 例えば音楽を聞こうとした時。

・PCの場合は、 電源ON > windowsログオン > ブラウザ立ち上げ > タイトル入力して検索 > クリック > 再生です。
 今、料理をしようとしていたら、その手を止めて、手を拭いて、パソコンの前に行かなければいけません。

・スマートフォンの場合は、 起動 > アプリタップ > タイトル入力して検索 > タップ。

これが、スマートスピーカーだと、
 「アレクサ ○○かけて」 で終わり。
 目線をやることもないし、他の作業の手を止めることもない。
 スマホより楽、断然ラクチン。

 スマートフォン、タブレットがはじめて手に入ったときの、
「電源を入れて立ち上がるまでの時間を待たなくて良い」
という感動を、再体験できたようで、感慨深いです。


★amazon Echo(alexa)は見守りカメラの代わりになる!

スマートフォンのアプリの、「設定>履歴」で、アレクサとのやりとりを見ることができます。
ということは、誰かがechoに話しかけたかどうか、いつ作動したかがわかるのです。
例えば、こどもが学校から帰ってきて「ただいま」、 遊びに行くときに「行ってきます」と言う習慣がつけば、十分、みまもりカメラ、監視カメラの役割を果たしてくれるわけです。
aaaa




★kindleの読み上げ機能が猛烈に便利。

 なんと、kindleで買った本を、読み上げてくれるのです。
 これが超便利。 合成音声なので、抑揚は無いですが、漢字も今のところ間違えず、きれいに音読してくれました。
 「Audible」を解約しましたが、これがあるなら、もっとkindleで電子書籍を買うかもしれない。


★googleカレンダーと連携すると猛烈に生活が豊かになる。

・「アレクサ、今日の予定は?」でばっちり。
・ただでさえ便利がgoogleカレンダーが、さらに進化。 こどもには聞かせたくないカレンダーなど、マイカレンダーの中から選べる。


★日常的に使えそうなおすすめ機能・スキルは?

・タイマー機能
 「○○時にタイマー鳴らして!」でも「○分後にタイマー鳴らして!」でも可。
・amazon music
 「クラシック聞かせて」でも「音楽かけて」でもいいところがファジーで使いやすいです。
・定型アクション
 今後の展開に期待。スキル連携できると超つかえるやつになりそう。
・今日のニュース
・天気予報
・radiko
・百人一首
※今後も増やす予定。


★子供が求めるハードルはまだまだ高い。

・「『種なしスイカ』の作り方を教えて!」は無理でした。
 「夏の大三角形を教えて!」は、合格点。
・子供が興味を持ったスキルは、「声の動物園」「豆しば」「動物クイズ」「百人一首」「都道府県クイズ」「ピカチュウトーク」「英会話関係スキル」など。
 ただし、ジョーク系・お遊び系のスキルはすぐ飽きる
・「ピカチュウトーク」で「ピカチュウ 歌って!」とお願いしたら、「終了します」とすげない返事。そこはあの歌でしょ。 でも「誕生日」「10万ボルト」などの反応は良し。
・ほかにも、版権モノは無理です。「ドラえもんの声を聞きたい」など。
 ちなみに、語尾が「ききたい」や「かけて」と言うと、問答無用でamazon musicの楽曲を探してしまうことも。



★echo本体が安いのは、「プラットフォーム」だから?

 使っていて気づいたのは、「スキル」を追加していくという手順もそうですが、
echoを使っていくと、どんどん機能を追加していきたくなるという仕組みが内包されていること。

 例えば、「アレクサ 音楽かけて」ってことを日常的に使っていると、
通常の契約では、再生してくれない楽曲やアーティストがあるわけです。
 これが結構クヤシイ。
 便利な体験を得てしまったからこそ、感じる不便さ。
 そこで、「amazon unlimited music」の加入を検討してしまいます。

 同様に、後述する「kindle」との連携があまりに快適なので、
 「Kindle Unlimited 読み放題」を使ってみたくなってしまう。

 言うなれば、プレステやファミコンのように、「本体を買って、ソフトを追加する」というビジネスモデル。なのかな、と。

 便利なスキルの開発は、今後を期待。
 あと、家電との連携はまったくしていません。



★設定は超簡単。3分で終わりました。

Echo Dotをセットアップする


Echo DotをWi-Fiに接続する


★amazon echoの今のところ残念なところ。
①検索が弱い
・「山下達郎の奥さんの名前を教えて」など、答えられないこと多し。
②youtubeが使えない
・検索結果で、動画サイトから音楽を流せるようになると、最高に使えるヤツになるかも。
③電源がいる
・バッテリー駆動になったら、もっと置き場所を変えられるようなきがする。






検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード