サラリーマンのコツコツ投資(livekabu7)

コツコツと定期預金以外の積立をがんばってます。株式・投資信託・外貨などの投資の記録や財テク、日記を書いていきます。 主なスタイルは、株主優待大好き、バリュー投資、逆張り、長期投資、積立投信、インデックス投信、NISA活用、分散投資。 逆に、信用取引、空売り、FX(高レバレッジ)、短期売買、スイングトレード、高速売買はほとんどやりません。

Sponsored link

スマートスピーカー「amazon echo」オススメポイント・レビュー4


「amazonプライムデー」で、ついに念願の「amazon echo dot(アレクサ)」を購入しました。
(ちなみに、楽天市場のお買い物マラソンと時期がかぶってしまったので、買い物依存症を疑われるほど夫婦で買いまくりました)

とりあえず、一夜明けてファーストインプレッション。

★総論・夢の機械ではない。でも思ったよりステキ。

 ネットで大絶賛されているわりに、いまいちスゴさがわからなかった私。
 使ってみて、その良さを垣間見ることができました。 


★革命的なのは、「機械に時間をとられない」操作性。

 例えば音楽を聞こうとした時。

・PCの場合は、 電源ON > windowsログオン > ブラウザ立ち上げ > タイトル入力して検索 > クリック > 再生です。
 今、料理をしようとしていたら、その手を止めて、手を拭いて、パソコンの前に行かなければいけません。

・スマートフォンの場合は、 起動 > アプリタップ > タイトル入力して検索 > タップ。

これが、スマートスピーカーだと、
 「アレクサ ○○かけて」 で終わり。
 目線をやることもないし、他の作業の手を止めることもない。
 スマホより楽、断然ラクチン。

 スマートフォン、タブレットがはじめて手に入ったときの、
「電源を入れて立ち上がるまでの時間を待たなくて良い」
という感動を、再体験できたようで、感慨深いです。


★amazon Echo(alexa)は見守りカメラの代わりになる!

スマートフォンのアプリの、「設定>履歴」で、アレクサとのやりとりを見ることができます。
ということは、誰かがechoに話しかけたかどうか、いつ作動したかがわかるのです。
例えば、こどもが学校から帰ってきて「ただいま」、 遊びに行くときに「行ってきます」と言う習慣がつけば、十分、みまもりカメラ、監視カメラの役割を果たしてくれるわけです。
aaaa




★kindleの読み上げ機能が猛烈に便利。

 なんと、kindleで買った本を、読み上げてくれるのです。
 これが超便利。 合成音声なので、抑揚は無いですが、漢字も今のところ間違えず、きれいに音読してくれました。
 「Audible」を解約しましたが、これがあるなら、もっとkindleで電子書籍を買うかもしれない。


★googleカレンダーと連携すると猛烈に生活が豊かになる。

・「アレクサ、今日の予定は?」でばっちり。
・ただでさえ便利がgoogleカレンダーが、さらに進化。 こどもには聞かせたくないカレンダーなど、マイカレンダーの中から選べる。


★日常的に使えそうなおすすめ機能・スキルは?

・タイマー機能
 「○○時にタイマー鳴らして!」でも「○分後にタイマー鳴らして!」でも可。
・amazon music
 「クラシック聞かせて」でも「音楽かけて」でもいいところがファジーで使いやすいです。
・定型アクション
 今後の展開に期待。スキル連携できると超つかえるやつになりそう。
・今日のニュース
・天気予報
・radiko
・百人一首
※今後も増やす予定。


★子供が求めるハードルはまだまだ高い。

・「『種なしスイカ』の作り方を教えて!」は無理でした。
 「夏の大三角形を教えて!」は、合格点。
・子供が興味を持ったスキルは、「声の動物園」「豆しば」「動物クイズ」「百人一首」「都道府県クイズ」「ピカチュウトーク」「英会話関係スキル」など。
 ただし、ジョーク系・お遊び系のスキルはすぐ飽きる
・「ピカチュウトーク」で「ピカチュウ 歌って!」とお願いしたら、「終了します」とすげない返事。そこはあの歌でしょ。 でも「誕生日」「10万ボルト」などの反応は良し。
・ほかにも、版権モノは無理です。「ドラえもんの声を聞きたい」など。
 ちなみに、語尾が「ききたい」や「かけて」と言うと、問答無用でamazon musicの楽曲を探してしまうことも。



★echo本体が安いのは、「プラットフォーム」だから?

 使っていて気づいたのは、「スキル」を追加していくという手順もそうですが、
echoを使っていくと、どんどん機能を追加していきたくなるという仕組みが内包されていること。

 例えば、「アレクサ 音楽かけて」ってことを日常的に使っていると、
通常の契約では、再生してくれない楽曲やアーティストがあるわけです。
 これが結構クヤシイ。
 便利な体験を得てしまったからこそ、感じる不便さ。
 そこで、「amazon unlimited music」の加入を検討してしまいます。

 同様に、後述する「kindle」との連携があまりに快適なので、
 「Kindle Unlimited 読み放題」を使ってみたくなってしまう。

 言うなれば、プレステやファミコンのように、「本体を買って、ソフトを追加する」というビジネスモデル。なのかな、と。

 便利なスキルの開発は、今後を期待。
 あと、家電との連携はまったくしていません。



★設定は超簡単。3分で終わりました。

Echo Dotをセットアップする


Echo DotをWi-Fiに接続する


★amazon echoの今のところ残念なところ。
①検索が弱い
・「山下達郎の奥さんの名前を教えて」など、答えられないこと多し。
②youtubeが使えない
・検索結果で、動画サイトから音楽を流せるようになると、最高に使えるヤツになるかも。
③電源がいる
・バッテリー駆動になったら、もっと置き場所を変えられるようなきがする。






【ブログ・メモ】今回の「楽天市場お買い物マラソン」で買ったもの備忘録








































































[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チンしてチップス(スライサー付)
価格:1111円(税込、送料別) (2018/7/15時点)







































 






【ブログ】育児・教育費が天井知らずな件。2


 下記のとおり、どんどん家計を圧迫していっています。

 こどもの将来のため、いましかできないから、など考えていると、際限がありません。

 最近、ひょっとしたら公立中学+塾より、
 私立中学でクラブ活動させたほうが、トータルコストは安いのではないかと
夫婦で話し合っています。

 図書館で読書をするだけで満足するように育てればよかった・・・

とはいえ、ライフサイクルで考えると、貯めれる時期、貯められない時期があるわけで、
コツコツ投資に回せる金額も変わってきます。

月単位、年単位、例外的な支出や減価償却費も含めて、
収入と支出のバランス、貯蓄額の推移は
家族で「見える化」して管理していかないといけませんね。



・学校の教材費等 月4000円前後
 ※これはやむなし。

・学童保育 月9000円前後
 ※共働き家庭には必須。

・タブレット「JUST SYSTEM スマイルゼミ」月5000円前後
 ※楽しく続けている。

・習い事A(スポーツ系) 月5000円
 ※4歳ぐらいからやってるのでそのまま続けたい

・習い事B(スポーツ系) 月4000円
 ※友達と通ってるので辞めたくない。基礎体力つきそう。

・習い事C(書道)  月2000円
 ※字がきれいになるのは将来役に立つ。 良心的価格でコスパが高い

・習い事D(文系) 月2000円
 ※良心的価格でコスパが高い

・学習塾 月10000円前後  ←NEW!
 ※最初は1教科から。 自習室が使えるので勉強の習慣を身に着けられる?
  学年が上がると、科目数が増えたり、夏期講習などもっとかかるらしい。
  テキスト代はわかるけど、入会費、年会費、塾によっては施設使用料とかエアコン代ってナニ??

・英会話 月4000円  ←NEW!
 ※本人の強い希望



 

「楽天エナジー」はどうですか?


楽天グループにどっぷりはまった生活をしている私ですが、
加入しようかどうか、迷いつつできていないのが、
楽天energy楽天でんき。


キャンペーンの特典を見て、度々もうしこもうと思いながら、
なんかめんどくさいなーと。

他の電機会社に変えた場合も同じなのですが、
どうも関電から離れるのがさみしいというか、なんというか。

それから、太陽光発電パネルを設置してるので、
それほど削減効果がないのかなぁと。

様子見中です。








 

楽天ポイント獲得履歴。3


こんな棒グラフで表示する機能があったのね。

ポイント獲得が多けりゃいいってわけじゃないです。
むしろ買い煽りに乗るのを警戒。

そして楽天ブログをはじめたのですが、
楽天ブログで晴れない楽天アフィリエイトのウィジェットがあったりするあたり
意味不明。



raku





 
検索窓


スポンサーリンク
ランキング
SNS,RSSなど

follow us in feedly

Subscribe with livedoor Reader リンクリックブログランキング
株式銘柄急騰株リアルタイムズ
株式投資ランキング
twitter
[PR]楽天市場
最新コメント
[PR]A8


最新トラックバック
その他

NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
逆アクセスランキング
i2iアクセスランキング
スポンサーリンク2
i2i検索順位チェッカー
QRコード
QRコード